札幌での生活あれこれを御紹介。


by mfbox

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

本家ページ

こちらです。

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

悠々自適生活
小旅行通信
オタクゴタク(語託)
冬だ!スポーツだ!
花火だ花火だ!

最新のコメント

11/26 32.9pt..
by mfbox at 15:42
8月14日更新。8月24..
by mfbox at 11:55
7月19日更新。JOIN..
by mfbox at 18:29
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 23:14
今日一般販売となりました..
by mfbox at 21:16
2次募集の結果も来ました..
by mfbox at 00:55
結果が来ました。1次予約..
by mfbox at 15:10
で、今日30日、幕張でイ..
by mfbox at 21:34
こんにちは。反応が遅れま..
by mfbox at 00:05
マイキーさん 突然..
by mfbox at 19:33

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
出会い,恋愛,結婚に効く..
from 出会い,恋愛,結婚に効く名言
高山紗希のピックアップ情報
from 高山紗希 グラビアブログ
7月のお水取り(祐気取り..
from 風水日記金運幸運大開運
吉野ヶ里遺跡に遊び邪馬台..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

9月10日〜18日 イベントまみれの夏休み

今年も夏休みは長期旅行に出かけました。平日の観光旅行と土日のオタ行動の組み合わせがこのところの旅行計画の立て方になっていますが、昨年の観光旅行(種子島屋久島)メインに対し、今年は9/17のClariSコンサートが偶然にも取れてしまったことが契機となり、次々と計画を埋めていくスタイルになりました。というわけで、9/10から9/18までの8泊9日という超長期旅行で、使用額も20万に上るエクスペンシブな旅行の一部をご紹介しましょう。ここではオタサイドのイベントを紹介します。

まずは9/10。この日は夜に1イベントのみで、それに間に合うように家を午後3時過ぎに出発しました。夕闇に紛れながら北海道を離れるというのもなかなか珍しい体験です。イベントは丸の内ピカデリー3で「響け!ユーフォニアム2」第1話先行上映会で、先だって送られてきたチケットも映画館の一般的な半券そのものでイベント感に欠けると思っていましたが、始まってみればそんな事全然なく、1期の続きとなる次の大会に向けてのエピソードがしっかり描かれ、しかも初回1時間スペシャルということで特別感満載の上映でした。キャストも北宇治カルテットが揃い、歌こそありませんでしたが、緊張感のある収録現場の様子などを聞くことができました。20:30からという遅い時間でしたので、終演も22時に及び、ホテル入り後もほとんど余裕なく次の日を迎えました。

9/11は2イベントのはしごですが、最初のイベントまで時間があるので、午前中は池袋まで足を運び、映画「planetarian」を鑑賞。先行してネット放映されたときはずいぶん融通の利かないアンドロイドだなと若干不満もあったのですが、映画になりその部分が過去の記憶として感傷的に描かれ、空の閉ざされた世界で星空に思いを馳せることの貴重さを感じました。永眠後の主人公がおそらく天国で再会したアンドロイドの涙を目にしたシーンでは私も涙してしまいました。清々しい気分で次のイベントへ移動です。イベントとしてはやや早い13:30に始まったのは「くまみこ」熊出村村おこしプロジェクト in 一ツ橋。外海には中華料理屋のお入口にしか思えない一ツ橋ホールで、日岡さんと花谷さん、熊のナツは先週のかどみゅ以来、加えて安元さん、興津さん、キタエリとメインキャストが揃い、くまみこの世界を面白おかしく表現したトークやゲームで大いに笑わせてもらい、リアルフルバージョンとなった「Kumamiko Dancing」も聞くことができました。夜には新木場に移動し、「双星の陰陽師」スペシャルイベントに参加しました。会場に向かう途中で昼公演の参加者とすれ違い、やけに女性が多いなと思っていましたが、改めてキャストを確認して納得。花江くん、浪川さん、諏訪部さん、山下くん、村田くんと確かに女性が食いつきそうな男性キャストの充実ぶりで、私の席の周りも見事に女性ばかりでした。そんなわけで、イベントの内容も女性好みの男同士的シーンが随所にあるなど一風変わった面白さを追求したイベントだったように思います。アーティストはEDの2組で、間に朗読劇を挟むスタイルも工夫が見られました。間もなく2クールが終わろうとしてますが、まだまだ続く予感を大いに抱かせるイベントでした。(あとから思い出したのですが、実はこの日はeufoniusのライブがあって、それもこの時期に休みを取った理由の1つだったのをすっかり忘れ、陰陽師のイベントを購入した後に気付くという間抜けをしでかしました。陰陽師イベントが面白かったからよいものの、ちょっと悔しさが残ります。)

12日からは観光旅行に出かけ、米沢、佐渡、弥彦などを廻って16日の夕方に東京に戻ってきました。ずっと気がかりだった18日のイベントのチケットも無事受領し、夜はkalafinaのコンサートを見るため自身3度目の日本武道館(ひだまつり、リスアニ5)へ。はじめに会場全体が明るくなり、Keikoが登場し独唱から始まるという、通常とは違う始まり方に戸惑いつつも、3人となり美声のハーモニーに包まれると、すっかりその世界の虜となりました。kalafinaを聞くのも3度目(リスアニ5、きたまえ↑)ですが、そのたびにシングル曲の少なさを嘆いていましたが、今回もシングル以外が多い印象ではありましたが、終わってみれば空の境界関連と「heavenly blue」以外は聞くことが出来、アンコールでの「空の旋律」は聞きたかった1曲だったのですごくうれしかったです。さすがの歌声、ハーモニーに充実感いっぱいで帰途につきましたが、19時近くからほぼ3時間のコンサートだったため、新小岩のホテルに戻ったら23時になっていてちょっと驚きでした。

17日は今回の旅行でのメインともいえる組み合わせ、東京ゲームショウとClariSコンサートのはしごです。東京ゲームショウは開催日近くならないと発表にならないステージがあるなどイベントを見つけるのが難しく、またいろいろ楽しむには早く行って並ぶのが常套です。そんなわけで、結構体力のいるイベントなのですが、予想外に晴れて炎天下の中並んだうえ、外周をずっと歩かされるという厳しい状況。それでも、お目当ての「デモンゲイズ2」(霜月さんの主題歌+斎藤さん、大西さん、長縄さん、田村さんのトーク)ステージをはじめとして、「ストライクウィッチーズ」(門脇さん、大橋さん出演)、「アイドル事変」(照井さん、蔵合さんによるラジオ収録)などのトークショーを満喫し、これまでのような失敗した印象しか残らないゲームショウとは一味違う充実感を味わえました。しかし、突如大問題が勃発、ClariSコンサートに間に合うための横浜行き高速バスが満席で乗れなかったのです。すぐ隣の幕張本郷行きバスに乗り総武・横須賀線経由での移動に切り替えたのですが、携帯の乗換案内は間に合わないという検索結果。それでも各駅で1本ずつ早い電車に乗れる幸運を引き寄せ、ギリギリで開演に間に合いました。顔見せNGのClariSが今回どうやってライブを乗り切るかと思えば、オペラ座の怪人張りの仮面でステージを通しました。いきなり「コネクト」から始まったステージは、立て続けにニセコイ関連の2曲を歌ったのち、物語仕立ての進行となり、しばらくは聞きなじみのない曲が続き、ClariSらしさは感じられましたが、シングル派の私としては10曲以上知らない曲が続くとさすがに戸惑いを覚えます。そんなわけで、「Gravity」「アネモネ」を続けて聞けたときは大いに興奮しました。アンコールを挟んで最後は新曲「clever」で締め。素顔こそ隠しているもののよく話すし、よく踊るし、歌唱力も凄くて、その人気の一端を垣間見れた気がしました。今回のメインにふさわしいコンサートでした。

最終日の18日も2つのイベントをはしごです。そしてスケジュールの余裕のなさも昨日同様でした。遅くまで寝てホテルをかなり遅めに出発したにもかかわらず、午前中はやることがなく秋葉原で暇つぶし。虎ノ門に移動し最初のイベント「Re:ゼロから始める異世界生活」最終話直前イベントに参加しました。開場が開演予定時刻となって焦りましたが、公演は順調に進行。Myth & Loidのライブから始まり、かどみゅでは聞けなかった「Styx Helix」も聞くことが出来ました。その後はキャストによるコーナーが2つもあって楽しい時間を過ごしたのち、いよいよ最終話の上映です。ニッショーホールの設備上小さめの画面でしか見れなかったのが勿体ない点ではありましたが、最終話だというのに未だ試練が襲い掛かるスバルの行動に目が離せない展開はこれまでの過程を思うとさすがとしか言いようがないし、見事な大団円に感動すら覚えるほどで、充実感と惜念の思いがないまぜとなる複雑なEndでしたが、大満足です。公演終了から次のイベントまで30分ないという超焦る状況のなか、走りながら今回の旅行の最終会場である丸の内ピカデリー3へ再び向かいました。地下鉄で2駅の距離ということもあって何とか間に合い参加した最後のイベントは「Show By Rock!#」第1話先行上映会。前のイベントは開始が押したのに今回は17時より前に説明が始まるという迅速さに皮肉を覚えながらも、早速第1話の上映です。まさかのスペースオペラ的演出(ネタばれギリギリ手前)に度肝を抜かれましたが、1年半前の1期そのままの雰囲気に、当時を思い出しながら楽しむことが出来ました。作中に登場する女性3(+1)バンドのメインが揃ったトークショーはあとが仕えていることもありちょっと短めでしたが、稲川さんや日高さん、潘さんの掛け合いがややあざと混じりながらもとても楽しげでほっこりしながら見ていました。終わる作品と始まる作品を同じ日に楽しむという、止まることを知らないアニメ生活を象徴するような組み合わせを楽しんだ1日でした。
長かった旅行もこれでおしまい。深夜の航空機で札幌に戻れば、すっかり秋の空気。毎日のような汗にまみれた生活からやっと解放されましたが、この1週間の特別な生活から普通の生活に戻るんだなと思うと、楽しかった1週間にちょっと惜しみを覚えます。さぁ、頭を切り替えです。

9月10日 「響け!ユーフォニアム2」第1話先行上映会 20:30 丸の内ピカデリー3 (黒沢ともよ、朝井彩加、豊田萌絵、安済知佳)
9月11日①「くまみこ」スペシャルイベント 熊出村村おこしプロジェクト in 一ツ橋 13:30 一ツ橋ホール (日岡なつみ、安元洋貴、興津和幸、喜多村英梨、花谷麻紀(fulfull☆pocket))
9月11日②「双星の陰陽師」陰陽祭2016 夜の部 18:30 新木場Studio Coast (花江夏樹、潘めぐみ、芹沢優、諏訪部順一、浪川大輔、山下大輝、村田大志、イトオカシ、加治ひとみ)
9月16日「kalafina arena live 2016」 18:45 日本武道館 (kalafina)
9月17日 東京ゲームショウ 10:00 幕張メッセ
①「ストライクウィッチーズ 軌跡の輪舞曲 Blitz」 11:00 DMMブース(門脇舞以、大橋歩夕)
②「デモンゲイズ2 スペシャルステージ」 12:00 角川ゲームスブース(霜月はるか、斎藤千和、田村睦心、大西沙織、長縄まりあ、高木友梨香)
③「アイドル事変応援番組 てるぞースタジオ出張版」 13:00 HarvesTブース(照井春佳、藏合紗恵子)
④「『めがみめぐり』デビューステージ」 14:00 CAPCOMブース(伊藤彩沙、尾崎由香)
9月17日「ClariS 1st HALL CONCERT ~星に願いを… 月に祈りを…~」 17:00 パシフィコ横浜国立大ホール (ClariS)
9月18日①「Re:ゼロから始める異世界生活」最終話放送直前イベント」 14:30 ニッショーホール (小林裕介、高橋李依、内山夕実、赤﨑千夏、水瀬いのり、村川梨衣、MYTH & ROID)
9月18日②「〈TVアニメ「SHOW BY ROCK!!#」2期もぷるぷる!第1話先行上映会だにゃん♡なのだ♪でありんす!絶対瞬きしちゃダメダメ♡〉」 17:00 丸の内ピカデリー3 (稲川英里、日高里菜、潘めぐみ、野口瑠璃子)
[PR]
by mfbox | 2016-09-19 19:04 | オタクゴタク(語託) | Comments(0)