札幌での生活あれこれを御紹介。


by mfbox

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

本家ページ

こちらです。

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

カテゴリ

悠々自適生活
小旅行通信
オタクゴタク(語託)
冬だ!スポーツだ!
花火だ花火だ!

最新のコメント

11/26 32.9pt..
by mfbox at 15:42
8月14日更新。8月24..
by mfbox at 11:55
7月19日更新。JOIN..
by mfbox at 18:29
えっとこちらのブログすご..
by skuna@docomo.ne.jp at 23:14
今日一般販売となりました..
by mfbox at 21:16
2次募集の結果も来ました..
by mfbox at 00:55
結果が来ました。1次予約..
by mfbox at 15:10
で、今日30日、幕張でイ..
by mfbox at 21:34
こんにちは。反応が遅れま..
by mfbox at 00:05
マイキーさん 突然..
by mfbox at 19:33

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
出会い,恋愛,結婚に効く..
from 出会い,恋愛,結婚に効く名言
高山紗希のピックアップ情報
from 高山紗希 グラビアブログ
7月のお水取り(祐気取り..
from 風水日記金運幸運大開運
吉野ヶ里遺跡に遊び邪馬台..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:悠々自適生活( 119 )

7月18日 あぁ2番煎じよ、貴様もか

AXNでCSINYを見ていた最中のCMで、この8月からNIKITAの最終シーズンが放送されるということで宣伝を打っていました。ところが、よく見てみると、「全6話」の文字が。何ということか、またしてもNIKITA途中終了のお知らせでした。
海外ドラマのニキータといえば、ニキータ1997として放送された我が愛しの初代「la femme NIKITA」も、やはり最終シーズンは8話での打ち切りでした。ニキータシリーズには打ち切りの呪いでもかかっているのでしょうか?
そうなると、ストーリー展開も自ずと見えてきてしまいます。1話完結でない連続性のあるドラマで短期決戦は少々厳しい気もしますが、NIKITAの名を信じてここまで見続けてきたので、最後も楽しむことを頑張りたいと思います(何かおかしいですけど、、、)。
[PR]
by mfbox | 2014-07-18 23:30 | 悠々自適生活 | Comments(0)

6月16日 夏のスケジュールです(未確定含む) 

この夏もイベントに花火に旅行にと、充実した生活を送りたいものです。既にいくつかのイベントはチケット争奪戦に参加したりもして、参加決定済みのものもあります。花火大会は日程未確定のものも多いため判明分のみですが、当面の予定は(参加未決定含む、日程未確定除く)以下のようになっています。

6月21日 あつま田舎まつり花火大会(厚真町表町公園)
6月22日 まんがタイムきららフェスタ (東京ドームシティホール)
7月6日 北海ソーラン祭り花火大会(余市町)※2年ぶり
7月12日 真駒内花火大会(有料)(真駒内セキスイハイムスタジアム)※2年ぶり
7月13日 岩見沢彩花まつり花火大会 (北海道グリーンランド)
7月19〜20日 JOIN ALIVE(北海道グリーンランド)
(スキマスイッチ、lego big moal、赤い公園、cinema staff、phatmans after school、Base Ball Bear出演)
※直前に風邪を引き、喉の調子が戻らず断念。
7月19日 千歳民放千歳市民花火大会(千歳市青葉公園)
7月26日〜27日 lantis祭り(大阪万博記念公園)
(KOTOKO、Choucho、eufonius、marble、麻生夏子、fhana、nanoRipe.、飛蘭他多数出演)
※千歳道新花火大会(26日)は不参加。
8月1日 とまこまい港まつり道新花火大会(苫小牧港)
8月2日 札幌市長杯宮の森サマージャンプ大会(宮の森ジャンプ競技場)、銭函サンセットビーチ祭り花火大会(小樽市)
8月10日 WORKING!&サーバントxサービス合同イベント(パシフィコ横浜)※チケット争奪戦敗退
8月22日 沼田夜高あんどん祭り(沼田町)
8月24日 C3xHOBBY キャラホビ2004 (幕張メッセ)
(福圓美里・矢作紗友里(M3)、門脇舞以・生天目仁美(イリヤ)ほか出演)
8月24日 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金イベント(品川インターシティホール)(阿澄佳奈、花澤香菜ほか出演)
8月30日 SAPPORO CITY JAZZ NORTH JAM SESSION (札幌芸術の森)※チケット未購入
(Swing Out Sister 出演)
9月14日 きたまえ↑札幌アニメまんがフェスティバル (札幌芸術の森)
(LiSA、FLOW、ELISA、やなぎなぎ、佐藤聡美ほか出演)
9月15日 lantis祭り(東京晴海臨海公園)
(Annabel、結城アイラ、Ceui、ULTRA-PRISM、妖精帝国他多数出演)
(この間旅行を計画)
9月20〜21日 東京ゲームショウ (幕張メッセ) or 京都国際アニメ・まんがフェア(京まふ)
※9月20日 モエレサマーフェスティバル は参加不可能
[PR]
by mfbox | 2014-06-16 14:32 | 悠々自適生活 | Comments(2)

2013年忘備録

★★映画★★
4月 花咲くいろは Home Sweet Home(シネマフロンティア)
   劇場版とある魔術の禁書目録〜エンデュミオンの奇蹟〜(ディノスシネマズ札幌劇場)
   劇場版シュタインズゲート〜負荷領域のデジャヴ〜(シネマフロンティア)
7月 AURA〜魔竜院光牙最後の闘い〜(じゃがポックルシアター)
   空の境界〜俯瞰風景3D(トークイベントあり)(ディノスシネマズ札幌劇場)
9月 劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない(シネマフロンティア)
   スタートレック〜イントゥダークネス(シネマフロンティア)
10月 空の境界〜未来福音(ディノスシネマズ札幌劇場)
11月 劇場版魔法少女まどか☆マギカ〜叛逆の物語(シネマフロンティア)(12月にも鑑賞)
12月 PERSONA3 The Movie #1~Spring of Birth~(ディノスシネマズ札幌劇場)

★★花火★★
1/25 おびひろ冬祭り花火大会(帯広市)
7/6 あびら夏!うまかまつり(安平町)
7/13 千歳民報花火大会(千歳市)
7/20 千歳道新花火大会(千歳市)
7/26 道新UHB花火大会(札幌市)
7/27 モエレサマーフェスティバル(札幌市:有料)
7/28 ふかがわ夏まつり花火大会(深川市)
8/1 函館港まつり協賛 道新花火大会(函館市)
8/2 とまこまい港まつり協賛 道新花火大会(苫小牧市〜会場外)
8/3 恵庭三四会納涼花火大会(恵庭市)
8/10 たきかわ盆踊り花火大会(滝川市)
8/13 勝毎花火大会(帯広市〜Ustream映像にて)
8/18 いわみざわ公園花火大会(岩見沢市)
10/19 フードバレーとかち道新花火大会(帯広市)

★★花見・紅葉★★
5/19 モエレ沼公園、前田森林公園(札幌市)
5/21 静内二十間道路桜並木(新ひだか町)
5/24 えにわ湖自由公園(恵庭市)
5/27 平岡公園梅林(札幌市)
6/8 平取町スズラン群生地
10/14 支笏湖・美笛峠(千歳市)
10/19 赤岩青巌峡(占冠村)・岩内仙峡(帯広市)

★★イベント、コンサート他★★
1/13 STVカップジャンプ大会(札幌市大倉山)
1/19-20 FISワールドカップスキージャンプ札幌大会(札幌市大倉山) 
3/3 超ひだまつり(ひだまりスケッチ ファンイベント 日本武道館)
3/30-31 アニメコンテンツエキスポ(幕張メッセ)
7/14 武装神姫フェス(舞浜アンフィシアター)
8/2 江差線乗車旅行(江差ー木古内間往復)
8/24 情熱大陸ライブ(いわみざわ野外音楽堂キタオン)
8/31-9/1 きたまえ↑(アニソンライブ 札幌芸術の森)
9/1 大マンガ展(札幌芸術の森)
9/14 第1回タイムトライアル(スピードスケート 明治北海道十勝オーバル)
9/16 The Brand New Heavies(ジャスマックプラザザナドゥ)
10/13 みちのくアニソンライブ(仙台サンプラザホール)
10/25-26 スピードスケート全日本距離別選手権(長野市エムウェーブ)
11/9-10 スピードスケートジャパンカップ第1戦(明治北海道十勝オーバル)
11/16-17 苫小牧ハイランドスケート競技会(苫小牧ハイランドスケートセンター)
11/23 スピードスケートジャパンカップ第2戦(真駒内セキスイハイムスタジアム)
12/27-29 スピードスケートソチ五輪派遣選手選考競技会(長野市エムウェーブ)
[PR]
by mfbox | 2013-12-31 23:59 | 悠々自適生活 | Comments(0)

11月5日 映画のはしごの間に

この週末は、実家に帰省していました。といっても特にやることもなく、雨降りの続いた4日まではほとんど引きこもっていましたが、5日はユナイテッドシネマ札幌のメンズデーということもあり、ちょうど見たいと思っていた映画が2本あったのではしご見することにしました。

1本目は「花の詩女〜ゴティックメート」。かなり前から名前は聞いたことがあり、かなり構想が練られた上での映画化だったと聞いています。使命を持った詩女と呼ばれる選ばれし女性が都に移動するにあたり、帝国の皇子の艦隊が護衛につき、共に都を目指す物語です。臨まぬ護衛で詩女と皇子の衝突があったり、詩女を狙う反乱組織との戦闘をくぐり抜け、無事都に辿り着くのですが、内容が淡白なうえ、ゴティックメートなるロボットの戦闘力が凄いものであるのに、敵との戦闘は1回しか無く、都に辿り着いてからの詩女と皇子のその後が文章で綴られるという、正直手抜き感が前面に来てしまうのは映画としてどうかと思ってしまいました。大作の期待があっただけに残念です。

2本目まで空き時間があったので、ファクトリーのアトリウムにあるアイスクリーム屋さんで少々リッチなアイスクリームを堪能することに。アイスクリームファクトリーという店の創作アイス(お値段390円)を堪能しました。基本市販のアイスかソフトクリームしか食さない私なので、このアイスは結構新鮮でした。アイスを食べるのに400円も普段なら奮発しないので、かなり気持ちが大きくなっていたのかもしれません。とにかく、デリシャスな味を堪能しました。
b0008064_32760.jpg


2本目は「伏〜鉄砲娘の捕物帳」です。公開から日が経っており、16時からの1回だけなので、この日の行程はこの映画に引きずられています。映画を見るにあたり、原作小説を先に読んで、背景を頭にいれて鑑賞に臨みましたが、正直今回は失敗したかもしれません。というのも、小説ではヒロイン(主人公?)の浜路の印象が、特に伏の信乃や贋作書きの冥土に対して好戦的だったのに対し、映画では冥土(性別も女に変わっている)と心を通わせたり信乃とは恋に落ちるなど、全く表現が異なっていました。また妖刀村雨丸を巡る現八と道節の太刀回りが時の将軍家定と信乃のそれに摺り替えられているのも、物語を追う上で混乱しました。浜路のキャラクターがそういう(女性的に目覚めていく)ものだとして見ていれば、ある程度納得して物語を追えたと思うのですが、変更点が多すぎて原作は参考にならないばかりか、かえって映画を楽しむ上での邪魔になってしまった気がします。全体的な構成は悪くないと思うので、個人的に楽しみきれなかったがちょっと勿体なかったです。

「花の詩女〜ゴティックメート」
http://gothicmade.com/
「伏〜鉄砲娘の捕物帳」
http://www.fuse-anime.com/
[PR]
by mfbox | 2012-11-06 03:19 | 悠々自適生活 | Comments(0)

11月3日 あまり楽しめなかった今年の紅葉

今年は暑い秋だったこともあり、紅葉が遅れていたのですが、それでも近郊はかなり色づいてきました。先週あたりがピークだったような気もするのですが、この2週間ほどは、都合で紅葉ドライブが出来ない状態が続いていました。特に2週間前の週末は、電撃20年祭をキャンセルする羽目になった原因不明の腹痛の影響がしばらく残って、外出すらままならない状態、先週末は長野でスケートの大会に出かけたので、紅葉の良い時期をみすみす逃すことになってしまいました。この週末に、やっと時間が取れたので、夕方帰省するまでの数時間ほどをかけて、近郊の町の紅葉風景を撮影してきました。

幕別町
b0008064_2371238.jpg


音更町
b0008064_2374055.jpg

b0008064_2381610.jpg


鹿追町
b0008064_2383779.jpg

b0008064_2384759.jpg


ここ最近は強風の日も多かったので、何処も既に枯れ木になっているものも多かったですが、木々の色づきはそれなりに見応えがありました。ただ、仕事場の屋上から見る遠景が綺麗に色づいているように見えても、木々の近くまで来ると少々幻滅してしまうような色の薄さに落胆することもあります。やはりもっともみじの紅色が多くないと映えないなぁと思ったり。そう考えると、意外と帯広市内の街路樹のほうが綺麗だったりするものです。今年の帯広の楓の紅葉は2日でしたので、もう少し市内で楽しめそうです。
[PR]
by mfbox | 2012-11-06 02:44 | 悠々自適生活 | Comments(0)

10月19日 最悪!!

 16日は私の誕生日なのですが、39歳になりたてのこの日から、原因不明の体調不良に襲われ、まる3日経った京になっても未だに回復の兆しがありません。下痢から始まり発熱が無かったので、最初は食あたりかと思っていたのですが、下痢症状の改善が見られず昨日、そして胃痛がひどくなり今日と、2日連続で病院に行った結果、腸の中に多量の空気がたまっていることが判明。明日もう一度病院にかかることになり、それまで絶食ということになりました。正直きついです。
 問題は、これにより今週末予定していた「電撃20年祭」および「dengeki!! Music Live」を見に行くための旅行を全てキャンセルすることになったことです。旅館は良いのですが、飛行機は早割で取っていたし、ライブチケットは返金が効かないので、丸々2万ほど損することに。普段は見られないアーチストのライブが見られるので凄く楽しみにしていただけに、あまりにも痛いです。このままだと、来週のスケートの大会も見に行けるかどうか。。。
[PR]
by mfbox | 2012-10-19 16:46 | 悠々自適生活 | Comments(0)

9月6日 CSI NYのゲストがすごい x 2

まずは「ニキータ1997」ファンの皆様向けに。

先週のCSI NYに見覚えのある名前が出てきましたね。カルロ・ロタ(Calro Rota)。そう、あのお調子者、ミック・シュトーペルです。あれから10年近くたち、さすがに演技に貫禄は出ていましたが、懐かしい顔が違う作品に出ているのにはちょっとした感動を覚えます。ただ、ミック時代の印象がまだ強すぎて、いつ笑いを取りに動くかと、変にハラハラしてしまいました(笑)。

そして今週はインディファン向けに。

今週のCSI NYはレースカー絡みの事件を扱ったものでしたが、女性ドライバー役が何となく見覚えのある方によく似てるなと、そう思いながら最後まで見て、改めてGuest Starringを見直してみると、ダニカ・パトリック本人でした。CSIシリーズは1〜数年遅れて放映されるので、この話数はダニカがまさに現役インディカードライバーだった時の撮影です。話もフォーミュラカーをかなり突き詰めた話で、このゲストにしてこのストーリーありと言った所。

いつもとは違う形で楽しめた、海外ドラマのお話でした。
[PR]
by mfbox | 2012-09-06 22:57 | 悠々自適生活 | Comments(0)

11月6日 そろそろ想い出作りに?

もう帯広に来て3年を経過し、そろそろ次の異動期には話があるのでは?と常々思っている私ですが、とある情報を仕入れて、帯広での想い出作り。。。?という気持ちが無いわけではないのですが、近くにありながら長らく行っていなかったとある場所に出かけることにしました。

その前に、この日は十勝オーバルで帯広の森スケート大会が開催されていたのでちょっと見物に行ってきました。ただ、参戦している面子が無名の人ばかりで、一線級が各競技とも4〜5名ほどだったので、男子1000mの数カルテットを見ただけで会場を後にして本来の目的に出かけました。本番の大会は来週ありますし。

さて、とある情報とは道々然別峡線が翌日の7日に冬季通行止めに入るというもので、冬季通行止めになってしまうと、来年の4月以降まで開通しないことになります。来年3月末が異動かなと考えている私にとっては、今日を逃すと簡単に行けなくなってしまう場所があったので、思い立って出かけてきました。それが、然別峡キャンプ場内にある秘湯「鹿の湯」です。確か前に来たのは大学院時代なので15年くらい経つのでしょうか。鹿追町を代表する秘湯です。

道々然別峡線は、以前は途中から砂利道が長く続いて行くのが大変だった記憶がありますが、今は起点までしっかり舗装され、問題なくドライブ出来ました。行き着いた先には、かつては湯気が登って賑わいも感じられた菅野温泉が、今は廃業して立ち入り禁止になってすっかり寂れた姿を晒して、時代の終わりを感じさせました。そして、記憶では鹿の湯はこの先にあったと思っていたので、鹿の湯に行き着くまで少し迷ってしまいました。

菅野温泉から少し下った道々の起点の脇にある、こちらも営業期間外で閉鎖されているキャンプ場の奥に、見覚えのある階段と河沿いの道を見つけると、湯気の立つ水辺の囲いが。鹿の湯にやってきました。営業期間外で手入れもされてないため、水は濁り、奥の浴場は虫がびっしりでしたが、温泉は健在でした。さすがに全身浸かるのは憚られたので、足だけ浸かって、軽く温泉気分を味合わせていただきました。

当然これだけで満足出来るわけもなく、さらに山奥なため寒かったので、このあとしほろ温泉に入りにドライブを続けましたとさ。とりあえず鹿の湯の健在を確かめられただけでも収穫だったかな。
[PR]
by mfbox | 2011-11-08 22:37 | 悠々自適生活 | Comments(0)

5月17日 昔のニキータも放送されますよ!!

1月に、ニキータのリメイク版が放送されるとのことで記事を書いたのですが、その時にも昔放送されたニキータ(la femme NIKITA)のことが気になると言ってました。そんなことを書いたからというわけではないのですが、何と、リメイク版ニキータが放送された数日後に、昔放送されたニキータが「ニキータ1997」として放送されるとの、ビッグニュースが入りました。

実は先週(CSIマイアミの中間のCM)には既に気づいていたのですが、AXNで6月8日から始まります。またあのニキータに出会えると思うと、感動に堪えません。ニキータファンのオフ会にも参加するなど、10年も前の自分の行動力にも驚きですが、それだけハマれる海外ドラマです。見て絶対損はないです。

私のホームページには、メインコンテンツとしてニキータのページが今でも(縮小しつつも)残っています。新ニキータ開始により混乱を避けるため閉鎖を考えていましたが、まさかの再放送でこちらも当面残すことにしました。正直読みにくいエピソードガイドしか見所はありませんが、私のホームページ熱を維持し続けたこの感動大作を、また多くの人に見てもらいたいなと改めて思います。あなたも「la femme NIKITA(ニキータ1997)」いかがですか?
[PR]
by mfbox | 2011-05-17 23:33 | 悠々自適生活 | Comments(0)

1月3日 リメイク版NIKITAが放送されました

本日、AXNにて、リメイク版NIKITAのプレミア放送が行われました。かつてJoel Surnow監督、ペータ・ウィルソン主演のNIKITAをファンサイトを作るほどに入れ込んで見ていた私としては、今回のリメイク版に思うところはもちろんあるわけで、まず見てみないことには判断も出来ないだろうということで、とりあえず見ました。

取り急ぎ、皆さんの感想の受け皿として、ブログ記事をアップしましたので、感想のある方はコメント欄にどうぞ。

※11月末でこれまで使っていた掲示板が閉鎖されてしまったことによる暫定措置です。

ネタバレ感想
[PR]
by mfbox | 2011-01-04 01:17 | 悠々自適生活 | Comments(2)